カードローンのメリット

借りたお金を自由に使える!

ローンと聞くと、一般には住宅や自動車など大きな買い物をする時に利用する特別な金融サービスというイメージがあります。ただ、そうしたローンの中にはもっと身近に、かつもっと手軽に利用できるものもあります…

担保や保証人がいらない!

カードローンの利用にはいくつかのメリットがある中で特に大きなポイントとなるのが保証人が不要な点です。金融会社などでお金と借りる場合、万が一債務者が返済を行えなかった時に備えて保証人や担保が必要とい…

コンビニATMでも利用可能!

カードローンは、その名の通りカードを使って借入れ返済を行うことのできるローン商品で、利便性の高さから人気があります。カードを使ったローンとは具体的にどういうことかというと、まず利用申込みをして、審…

カードローンのデメリット

カードローンには多くのメリットがありますが、その一方でデメリットも存在しています。あとで後悔しないために、デメリットを知っておくことは大切です。ここでは、カードローンを利用する際に注意するべきポイントについてお伝えします。ぜひ、参考にしてみてください。

借金という感覚がなくなってしまう!

カードローンは急な物入りなどでお金が必要となった時に心強い味方となってくれるなどメリットがある反面、デメリットも多く存在します。いくつかあるデメリットの中で、最たるものとして挙げられるのが感覚の麻…

+ more info

長期間の借入で利息が多くなってしまう!

借入金を返済する際は利息と併せて支払うのが普通です。利息は借入金の金額から算出されるので、借入金が多いほど利息も増えます。また、借入期間の長さも利息の金額を左右する要因なので、長期の借入を検討する…

+ more info

レイクの魅力はこれだ

レイクは金融会社で即時借り入れができるかを判断してくれますので対応が早いです。無人機械も主要地域に設置されていますので便利です。

信用情報機関に記録が残ってしまう!

カードローン会社が契約先の信用情報機関に客のデータを登録する

都道府県にきちんと認可されている貸金業者は、必ず信用情報機関の会員になっています。会員になることで特定の個人が、過去にどれぐらいのローンを組んだか、そのローンはきちんと返済したのかといったことがわかるからです。また、会員になると自社に借り入れを申し込んできた人間の情報を登録しなければいけません。登録する情報は名前、住所のほか、電話番号や運転免許証の番号も含まれます。基本的に運転免許証に記載される番号は、一部分を除き、転居しても変わることがないので、個人を特定する情報としてはかなり有力なものといえます。 つまり、カードローンに借り入れを申し込んだ場合、自分がどこの誰で、借金はどれぐらいあるのかといった情報をカードローン会社以外の団体に預けることになるのです。

信用情報機関に情報が登録されるメリットも

では、信用情報機関にカードローン会社を通じて個人情報を預けるのはリスクといえるのでしょうか。万が一、信用情報機関が持っている情報が外部に流出したら大変なことになりますが、そのリスクを除けば、情報を預けるのは危ないこととはいえません。逆に、信用情報機関に情報を登録されるメリットも多いのです。 たとえば、過去にローンを何度か利用していてもすべて完済している場合、それ以降に申し込むローンの審査に通りやすくなります。信用情報機関のデータから、「この人はきちんと返済してくれる」と判断できるからです。また、審査にかかる時間は、情報があった方が短くなるのが普通です。信用情報機関にまったく情報が存在していない人がローンに申し込むと、業者側は過去に自己破産や任意整理をしているのではと疑うことがあり、その場合、審査が慎重になるので長くなります。